1

とび職業とは…

工事現場は、『とび職に始まり、とび職に終わる』と言われています。

とびは現場には、最初に入り、まで現場に残ります。

何もない状態から、仮設物や構造物を造っていく職人が「とび職」です。とび職は、仕事の範囲が広く必要な資格も玉掛けやクレーン資格ガス溶接、アーク溶接、各種の作業主任者、安全衛生教育など、たくさんあります。重量物の運搬やワイヤーを扱う特殊技能も必要ですし、高度なチームワークも求められます。

やる気次第で、どんどん仕事の幅が広がります。建築現場の職人の間では、高所を華麗に動き回る事から「現場の華」とも称されます。

 

2

とび職の由来

日本の建設業において、高い所での作業を専門とする職人を指します。

棟上の時、梁から梁へ文字通り飛んだので鳶といわれる。

道具として代表的なものが鳶口でありこのことからも町火消(延焼家屋を曳き倒すときに使う)、梯子乗り(梯子を支えるのに使う)、木遣り(木をやりまわすのに必要)とは不可分であると言える。

またこの鳶口から鳶職といわれる。または木遣り方、木遣り衆などもとび職の別名であり、遣り方の語源である。

3

とび職の歴史

鳶の歴史は飛鳥時代からきています。

飛鳥時代には右官、左官と言う名称で今で言う左官業とそれ以外の普請業を右官といった説や左官、大工説などはっきりしないが、安土桃山時代に城普請で活躍した穴太衆(あのうしゅう)の一部が城普請が無くなってから曳き屋に転業したという記録が残っている。

鳶職と呼ばれる様になったのは江戸時代以降である。江戸時代の町奉行、寺社奉行という行政上の自治管轄の名残りにより、寺社大工(宮大工)、町大工、野帳場大工という様に大工は呼称されるが、町鳶、野帳場鳶という呼称に対し寺社鳶という表現はほとんど聞かれない。

4

鳶と火消し

「火事と喧嘩は江戸の華」といわれるように、江戸の町はしょっちゅう火事が起きていました。

江戸時代の消火は延焼方向の家屋を解体して延焼を防止する破壊消防だったため、民間人のボランティアにより構成される町火消では、本来が建築労働者で家屋構造を熟知し、かつ掛矢や鳶口などの道具の扱いに習熟して素早い家屋解体が可能だった鳶の者が火消衆の主力を占めた。

以後火消しは鳶と同義になり、歌舞伎など江戸文化の題材とされ、鳶の間に独自の火消し文化が発達した。

現在でも消防出初式では鳶関係者により梯子乗りの演技などが行われる。

山口県鳶工業連合会

山口県鳶工業連合会

山口県鳶工業連合会

住所:山口県宇部市船木1236番地

TEL:0836-81-0080

©2017 山口県鳶工業連合会 All Rights Reserved.